演劇
チーム夜営vol.6『上にまいります。』

チーム夜営vol.6『上にまいります。』

チケット情報

チーム夜営vol.6『上にまいります。』

わたし、東京の、どこにいるか、ごぞんじですか?

わたしの住む東京の中心に、世界でただ1つの軌道エレベーター〈SOMAT〉が建設された。
軌道エレベーターの高さはなんと全長38万5,000km。
世界最速のスピードで、わたしたちを安全に月まで運んでくれる夢の機械。

Wi-Fiを探して、この街を流れ歩いていたわたしは、
思いがけずもそのエレベーターホールに迷い込んで、男と出会った。
次の上昇時刻を待つまでのあいだ、暇そうな男とわたしは、
おたがいの身の上ばなしで長い長い待ち時間を潰すことに決めた。

脚本

大竹竜平

演出

小林弘樹・萩原優奈

出演

鶴田理紗(白昼夢) 馬場太史(俳優座) 高澤聡美

公演スケジュール

8/16(木)~8/19(日) 東京・CLASKA 8F The 8th Gallery

18日(土)18:00、19日(日)13:00の終演後アフタートーク決定!!※30分を予定。

18日(土)18:00終演後

〈ゲスト〉八馬 智(都市鑑賞者:土木部門)
〈登壇〉大竹竜平(脚本・宣伝美術)・小林峻也(舞台美術)・内田圭(映像)

【八馬 智(はちま さとし)】
1969年千葉県生まれ。千葉工業大学創造工学部デザイン科学科教授。専門は景観デザインや産業観光など。
千葉大学にて工業意匠を学ぶ過程で土木構造物の魅力に目覚め、札幌の建設コンサルタントに入社。土木業界にデザインの価値を埋め込もうと奮闘した。その後、デザインの教育研究に方向転換したものの、社会や地域の日常を寡黙に支えている「ドボク」への愛をいっそうこじらせた。現在は本職の傍らで都市鑑賞者として日々活動しながら、さまざまな形で土木のプロモーションを行っている。
著書に『ヨーロッパのドボクを見に行こう』(自由国民社、2015)がある。

19日(日)13:00終演後

〈ゲスト〉非公開 (諸事情につきトークゲスト非公開。当日までお楽しみに!)
〈登壇〉 大竹竜平(脚本・宣伝美術)・萩原優奈(演出)・内田圭(映像)

過去舞台写真

夜営舞台写真12015年上演『タイトルはご自由に。』より
夜営舞台写真22015年上演『タイトルはご自由に。』より
夜営舞台写真22015年上演『タイトルはご自由に。』より
夜営舞台写真42015年上演『タイトルはご自由に。』より
夜営舞台写真52015年上演『タイトルはご自由に。』再演より
夜営舞台写真62015年上演『タイトルはご自由に。』再演より
夜営舞台写真72015年上演『タイトルはご自由に。』再演より
夜営舞台写真82015年上演『タイトルはご自由に。』再演より
夜営舞台写真92016年上演『衛星の兄弟』より
夜営舞台写真102016年上演『衛星の兄弟』より
夜営舞台写真112016年上演『衛星の兄弟』より
夜営舞台写真122017年上演『記憶の人』より
夜営舞台写真132017年上演『記憶の人』より
夜営舞台写真142017年上演『記憶の人』より

関連リンク

演劇最強論-ing