演劇
梅棒 8th SHOW「Shuttered Guy」

梅棒 8th SHOW「Shuttered Guy」

チケット情報

梅棒 8th SHOW 「Shuttered Guy」

 「踊りは気持ちだ!」
をコンセプトに「ダンス×演劇」という独自のスタイルで、J-POPや懐メロなどのヒット曲に乗せ、言葉を使わず笑いと涙の長編ストーリーを展開する、新感覚エンタテイメント集団「梅棒」。待望の第8弾公演がこの春に開催決定!

魂を込めて踊り抜く男たちが魅せる最新作をとくとご覧あれ!

 

作・総合演出:伊藤今人

 

出演:

【梅棒】

伊藤今人 ※、梅澤裕介、鶴野輝一、遠山晶司、遠藤誠、櫻井竜彦、塩野拓矢、楢木和也、天野一輝、 野田裕貴

 

【ゲスト】
大久保 祥太郎
佃井 皆美
まちゃあき(エグスプロージョン)
YOU
RYO(Beat Buddy Boi)
泰智(KoRocK/ENcounter ENgravers)
古川 小夏(アップアップガールズ(仮))
一色 洋平
田中 穂先(柿喰う客)
東 理紗(ピヨピヨレボリューション/東東東東東)
ひこひこ ※

※はWキャスト


≫全国で話題沸騰!新感覚ダンスエンターテイメント集団 梅棒の「オールナイトニッポン0」放送決定!梅棒 8th SHOW『Shuttered Guy』全国公演もスタート!詳しくはこちら

≫舞台写真&作・総合演出を手掛ける伊藤今人よりコメントが到着!!詳しくはこちら

≫稽古場リポート&元五輪代表フィギュアスケーター鈴木明子インタビュー!詳しくはこちら

イベント情報

ラストスパートイベント開催決定!!

①キャストハイタッチ会 第二弾/ 第三弾開催
終演後、劇場ロビーにて出演者とハイタッチ!是非ご参加ください!


対象公演日時:
■第二弾 <4月24日(火)14時公演>

参加キャスト:
伊藤今人 遠山晶司 櫻井竜彦(以上梅棒)
佃井皆美 まちゃあき(エグスプロージョン) 一色洋平 田中穂先(柿喰う客)

■第三弾 <4月25日(水)14時公演>

参加キャスト:
遠藤誠 塩野拓矢 楢木和也 天野一輝(以上梅棒)
大久保祥太郎 YOU 泰智(KoRocK / ENcounter Engravers)

※各開催日時のチケットをお持ちのお客様は、どなたでもご参加いただけます。
(ただし、お持ちのチケットと異なる開催日時にはご参加いただけません。)
※参加出演者は、変更となる可能性がございます。予めご了承ください。

②舞台写真プレゼント 
ご希望の方全員に、舞台写真をプレゼントいたします!

対象公演日時:
4月24日(火)14時公演 / 4月25日(水)14時公演

 

梅棒 お気に入り登録

いのうえひでのり&吉田メタル メッセージ

新作舞台『Shuttered Guy』(シャッターガイ)の開幕を控える梅棒に
劇団☆新感線から、いのうえひでのり、吉田メタルが熱いメッセージ

いのうえひでのり(劇団☆新感線・主宰/演出家)


中坊の姿勢×マシュー・ボーンの技量まさに“梅坊”、シンパシー感じてます

“梅棒”を初めて観た時、笑った。そしてとてもシンパシーを感じた。あの「全力でふざけるカンジ」。「高いダンススキルを思いっきり無駄使い」しながら「ひたすら面白いということを追求する姿勢」に感動した。普通、ダンスや身体表現でのパフォーマンスって、アーティスティックなモノやスタイリッシュな方向へ行きがちなのに,“梅棒”はそっちには行かない。どこかいい意味で垢抜けない。なんか、地方のダンスの上手い高校生達がワイワイやりながら「こっちの方がカッケーじゃん」とか「これが笑えるんだよネ」ってカンジでつくってるような。J-POPで踊るってのがその象徴。どこまでもどこかシロウトっぽいっていうか、中坊っぽいっていうか、まさに“梅坊”。でも見せ方や構成は凄く計算されていて、その動きのキレはハンパない。「マシュー・ボーンが田舎の高校の文化祭で催し物をやってる」それが“梅坊”ならぬ“梅棒”。これからも“梅坊”らしさを失わずに“Keep the faith”!

Profile:いのうえひでのり
1960年福岡県出身。大阪芸術大学在学中の80年、劇団☆新感線を旗揚げ。神話や史実をモチーフに大音量のハードロック、へヴィメタルとともにケレン味を効かせた時代活劇"いのうえ歌舞伎"、生バンドが舞台上で演奏する音楽を前面に出した"Rシリーズ"、笑いをふんだんに盛り込んだ"ネタもの"などエンタテインメント性にあふれた作品群の劇団公演の他、プロデュース公演の演出も数多い。日本演劇協会賞、千田是也賞、紀伊國屋演劇賞個人賞など受賞多数。



吉田メタル(俳優/劇団☆新感線)


ダンスの基礎もない46歳のおっさんも出たくなるエンタテインメントです!

梅棒の魅力ってなんなんだろう? セリフがなくダンスだけなのに、わかりやすく展開していくストーリー。少年マンガの様なベタなやんちゃさもあれば、少女マンガの様なドキドキきゅんきゅんも。聴き慣れたJ POPに新しい感動や笑いがある。まだまだ書き出したらキリがないので簡潔に…ダンスの基礎もない46歳のおっさんも出たくなるエンタテインメントです! それにしても、男だけの集団なのに作品は見た目と違って毎回毎回ピュアで清々しくきゅんきゅんするのは何故なんだろ!? その謎を解明したいw

Profile:吉田メタル
1992年より劇団☆新感線に参加。185cmの長身で均整のとれた体型のマッチョマン。ヴィジュアル系バンド「NINJAMAN JAPAN」主宰としても活動。『仮面ライダー鎧武』では凰蓮・仮面ライダーブラーボ役で異色のキャラクターを演じる。近年の主な舞台出演作は、『ジャンヌ・ダルク』、『真田十勇士』、PARCO PRESENTS『ロッキー・ホラー・ショー』、ミュージカル『ヤングフランケンシュタイン』、ONWARD presents『髑髏城の七人Season花 』Produced by TBSなど。