銀座ぶらっとスペシャル#193  西山まりえの歴女楽 Vol.10 ~驚異の作曲家カルロ・ジェズアルド~

先着 一般販売

受付期間

2024/2/3(土) 12:00 ~ 2024/4/22(月) 23:59まで

  • ※Web(スマートフォン・PC)での受付は、2024/4/22(月) 22:00までとなります。

受付方法

Web(スマートフォン・PC) ローソン ミニストップ プレイガイド 

  • 座席指定可能
  • ※席種により座席指定ができない場合がございます。
  • ※座席選択は2024/2/4(日) 00:00 のお申込分より可能となります。

Lコード

32996

詳細

タイトル
銀座ぶらっとスペシャル#193 西山まりえの歴女楽 Vol.10
~驚異の作曲家カルロ・ジェズアルド~
出演
西山まりえ(音楽監督/チェンバロ/バロック・ハープ)
バルドッティ(ジェズアルドの従者):宮本益光(語り)
マリア(最初の妻):松井亜希(ソプラノ)
レオノーラ(二番目の妻):金子美香(メゾ・ソプラノ)
ファンタネッリ、他:久保法之(カウンターテナー)
神父、他:金山京介(テノール)
ジェズアルド:加耒 徹(バリトン)
家田 淳(脚本・演出)
曲目
カルロ・ジェズアルド:わたしは死する、苦しみの中で
          :めでたし、いと甘美なるマリアよ
          :月桂樹の木陰で
          :公爵のフランス風カンツォン(ハープ独奏)
          :ガリアルダ(チェンバロ独奏)
クラウディオ・モンテヴェルディ:苦しみが甘美なものならば
ジョヴァンニ・フェリーチェ・サンチェス:悲しみの聖母
タルクイニオ・メールラ:そう信じてしまう愚かなひと
           :今こそお眠りなさい(子守唄による宗教的カンツォネッタ)
ジュリオ・カッチーニ:このうえなく甘いため息
ルッツァスコ・ルッツァスキ:私は若い女の子
アロンソ・フォンタネッリ:それは私の魂のひとだった
備考
※協賛:株式会社ヨックモック (お茶とお菓子のサービス付き)
※休憩あり、本格プログラムによるコンサートです。

  • ※1回の予約で購入できる枚数は最大4枚です。