イベント
チームラボ 森と湖の光の祭

公演日:2018/12/1(土)~2019/3/3(日)

チームラボ 森と湖の光の祭

チケット情報

チームラボ 森と湖の光の祭

チームラボは、埼玉県飯能市の宮沢湖周辺に2018年11月9日(金)にオープンする、北欧のライフスタイルが体験できる「メッツァビレッジ」にて、「チームラボ 森と湖の光の祭」を開催。
湖では初となる、自然と調和した本格的なインタラクティブなアート空間です。

「メッツァビレッジ」は、北欧時間が流れる森と湖での体験を通じて、こころの豊かさの本質に気づき、日常生活へと持ち帰れる場所を目指し、宮沢湖を中心とした広大なエリアにオープンします。日常的に遊びに行くことのできる美しい湖や緑豊かな環境を維持し、自然を身近に感じられる空間で、北欧のライフスタイルや空気感を感じられるようにデザインされています。

チームラボは、「Digitized Nature」というアートプロジェクトを行っています。非物質的であるデジタルテクノロジーによって「自然が自然のままアートになる」というプロジェクトです。

「チームラボ 森と湖の光の祭」では、宮沢湖と湖畔の森を、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のアート空間に変えます。
本展示は、関東で、また湖では初となる、自然と調和した本格的なインタラクティブな光のアート空間です。

会期は、12月1日(土)から2019年3月3日(日)まで。

★展覧会ページはこちら

展示作品

呼応する、たちつづけるものたちと森 / Resisting and Resonating Ovoids and Forest
 

呼応する、たちつづけるものたちと森 / Resisting and Resonating Ovoids and Forest
teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
★作品ページはこちら

湖畔の森に置かれた立ち続ける物体と木々が光り輝く。
立ち続ける物体と木々の光は、それぞれ自立しており、ゆっくりと呼吸しているかのように強く輝いたり消えたりしている。

立ち続ける物体は人に押され倒れかけると、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。そして、その光は、放射状に近隣の立ち続ける物体と木々に伝播していく。伝播した光は、同じように音色を響かせながら、立ち続ける物体と木々に連続して広がっていく。

向こうの方から光が押し寄せてくれば、向こうに人がいることを意味する。人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を普段より意識するだろう。


 

自立しつつも、呼応する生命 / Autonomous Resonating Life
※写真はイメージです。実際の内容とは異なります

自立しつつも、呼応する生命 / Autonomous Resonating Life
teamLab, 2018, Interactive Digital Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
★作品ページはこちら

光の物体は、それぞれ自立しており、ゆっくりと呼吸しているかのように強く輝いたり消えたりしている。

光の物体は人に押され倒れかけると、それぞれ光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。
そして、その近隣の物体は呼応し、同じ光の色に変化し音色を響かせる。そして次々にそのまわりの物体も連続的に呼応していく。

向こうの方から光が押し寄せてくれば、向こうに人がいることを意味する。人々はきっと、同じ空間にいる他の人々の存在を普段より意識するだろう。


 

浮遊する、呼応する球体 / Floating, Resonating Spheres
 

浮遊する、呼応する球体 / Floating, Resonating Spheres
teamLab, 2015, Interactive Installation, Endless, Sound: Hideaki Takahashi
★作品ページはこちら

浮遊する光の球体は、自律し、強く輝いたり消えたりし、まるでゆっくりと呼吸しているかのようにふるまう。

光の球体は、人が叩いたり何かにぶつかったりして衝撃を受けると、光の色を変化させ、色特有の音色を響かせる。そして、その近隣の球体も呼応し、同じ光の色に変化し音色を響かせる。そして次々にそのまわりの球体も連続的に呼応していく。

 

開催概要

会期

12/1(土)~2019/3/3(日)
※休園日:12/31(月)、2019/1/1(火)、1/2(水)

開場時間

12/1(土)~2019/2/11(祝・月):17:30~21:00(20:00最終入場)
2019/2/12(火)~2019/3/3(日):18:00~21:00(20:00最終入場)

会場

メッツァビレッジ(埼玉県飯能市宮沢27-1)
※駐車場は満車の場合はご利用いただけない場合がありますので、確実に駐車されたいお客様は事前予約をおすすめしています。詳しくは公式サイトをご確認ください。

会場アクセス

<電車、バスをご利用の場合>
電車でご来場の方は、飯能駅、または東飯能駅からバスをご利用ください。

【飯能駅】
西武池袋線「池袋駅」より「飯能駅」下車(特急レッドアロー号 約40分/急行 約48分)
「飯能駅北口」1番乗場よりメッツァ・高麗川団地・武蔵高萩行き、メッツァ(旧 宮沢湖)停留所下車(約12分)

【東飯能駅】
JR八高線「八王子駅」より「東飯能駅」下車(約35分)
「東飯能駅東口」停留所よりメッツァ行き、メッツァ(旧 宮沢湖)停留所下車(約10分)
※東飯能駅からメッツァへの運行は土日祝日のみ

料金(税込)

<通常チケット>
大人(中学生以上) 平日 ¥1,000/土日祝 ¥1,200
小人(4歳以上小学生以下) 平日 ¥500/土日祝 ¥600
※3歳以下無料
※12/29-2019/1/6までは土日祝日料金

<前売りペアチケット>
枚数限定のお得な前売りペアチケット。
大人ペア券 ¥1,200
※1枚で2名様入場できます。
※販売期間: 10/22(月)~11/30(金)
※使用期限: 12/1(土)~12/14(金)

Lコード

34123

関連記事

チームラボ 森と湖の光の祭

「チームラボ 森と湖の光の祭」12/1よりスタート!
メッツァビレッジ(埼玉・飯能市)の宮沢湖と湖畔の森をインタラクティブな光のアート空間に
イベントの詳細はこちらより≫

チームラボ 森と湖の光の祭

チームラボ 森と湖の光の祭がメッツァビレッジ(埼玉県飯能市)で開催中!
内覧会レポートはこちらより≫

チームラボ プラネッツ TOKYO DMM.com - teamLab Planets TOKYO - 東京・豊洲

チームラボプラネッツは、チームラボが長年取り組んできた、「Body Immersive」というコンセプトの、身体ごと作品に没入し、自分の身体と作品との境界を曖昧にしていく、超巨大な身体的没入空間の作品群からできています。
施設の詳細はこちらより≫

MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless

森ビルとチームラボがお送りする「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM: EPSON teamLab Borderless」は世界に類を見ない全く新しいミュージアムがお台場に!!
施設の詳細はこちらより≫

チームラボ 高知城 光の祭

「チームラボ 高知城 光の祭」が11/22より開催。
日本三大夜城の高知城が光のデジタルアート空間に!
イベントの詳細はこちらより≫

公演一覧

イベント・アート・ミュージアム チームラボ 森と湖の光の祭

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2018/12/1(土) ~ 2019/3/3(日) メッツァビレッジ(埼玉県) 先着一般発売

土日祝入場券

発売中

2018/10/22(月) 11:00 ~ 2019/3/2(土) 23:59

申込はこちら

先着一般発売

平日入場券

発売中

2018/10/22(月) 11:00 ~ 2019/2/28(木) 23:59

申込はこちら

もっと見る +

イベント・アート・ミュージアム チームラボ 森と湖の光の祭

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2018/12/1(土) ~ 2019/3/3(日) メッツァビレッジ(埼玉県) 先着一般発売

土日祝入場券

発売中

2018/10/22(月) 11:00 ~ 2019/3/2(土) 23:59

申込はこちら

先着一般発売

平日入場券

発売中

2018/10/22(月) 11:00 ~ 2019/2/28(木) 23:59

申込はこちら

もっと見る +