【インタビュー】Wang Dang Doodle(りんご音楽祭)

2024/5/15(水)

Wang Dang Doodle(りんご音楽祭)

ハイパーソウルフルガールズユニットが
「りんご音楽祭」で魅せる

ネクストブレイクを期待させるニューカマーや、感度の高いリスナーに愛されるアーティスト、オルタナティブな側面からシーンを牽引する存在まで、幅広いセレクションで人気の音楽フェス「りんご音楽祭」。秋口におこなわれるこのフェスが、今年は9月28日(土)~29日(日)にかけて、長野県松本市、アルプス公園で開催される。

その前哨イベントとなるオーディション企画「RINGOOO A GO-GO」で優勝し、今年の「りんご音楽祭」への出演を決めたのが、MOMIJIとKAHORIの2人で結成されたWang Dang Doodle。
「ハイパーソウルフルガールズユニット」をキャッチフレーズに、ブルースハープや7thコードなど、ブルースやオールドロックの感触を基調にしながら、ハイパーポップやヒップホップなど、現在進行形のサウンドを織り交ぜた楽曲は、音楽の「これまで」と「これから」を接着し、新鮮な空気を纏っている。

そして、MOMIJIの晴れやかで力強いボーカルとブルースハープ、KAHORIのタフなギターとコーラスによって、そのカラーは更に鮮やかに発色し、楽曲を彩っていく。
生まれた場所も年齢も違う2人が出会ったのは、とあるライブでのブルースセッション。その意味でもWang Dang Doodleがブルースをベースにすることは必然だったと言える。

MOMIJI「地元がブルースに強くて、私も3歳ぐらいからブルース・ブラザーズのコピーバンドに参加したり、近藤房之助さんの音楽を聴いたり、ずっとブルース畑にいたんですね。以前に参加してたバンドも、ブルース系で」

KAHORI「私は両親がバンドをやっていて、音楽も楽器もずっと身近にあったので、自然に楽器を始めたり、親の勧めで聴いた古いロックやブルースに子どもの頃から惹かれて。それで高校生のときにMOMIJIのバンドが出ていたイベントにお客として観に行ったときに、オープンセッションで『ジョニー・B.グッド』を弾いたら、翌日MOMIJIから、『一緒にバンドやらない?』ってすぐ連絡があって(笑)」

そして2020年から本格的な始動を始めたWang Dang Doodle。ブルースというと「渋さ」がイメージされるが、ハイパーポップな疾走感が印象的な「kiss kiss kiss」や、アメリカンカートゥーン調のアニメに乗せて自尊心をポップに歌う「LOVELY JOURNEY」など、Wang Dang Doodleは一曲ごとに表情を大きく変えるバラエティ豊かな楽曲が持ち味。その意味でも「GIRIGIRI GIRL」の中で「blues女子のレッテル自ら剥がして」と歌うように、「ブルース」というジャンルに囚われない自由度が痛快だ。

KAHORI「ブルースは大好きだし、広まってほしいけど、それを私たちの感覚で形にしないと、私たち二人がやってる意味がないなって。いろんな音楽を掛け算していって、ジャンルを超えた音楽を作りたいし、“Wang Dang Doodleの音楽”を作りたい」

MOMIJI「全世界中の人々全員、『Everyday I Have the Blues』(注:B.B.キングの楽曲タイトル)だと思うんですよね。どんなにハッピーでも、ブルースな部分はあると思うし、そういう感情や日常性を込めて、ポップに歌いたい」

そして優勝した「RINGOOO A GO-GO」をこう振り返る。

MOMIJI「今回のライブオーディションを通して私たちのファンになってくれた方もたくさんいらっしゃって。ジャンルを越えた、いろんな格好いいアーティストの中で優勝できたので、それは本当に励みになりました」

KAHORI「『ライブの良さ』を評価してもらえたのはすごく嬉しかったです。ビートは打ち込みだけど、アレンジはライブの中で毎回変えていて、そこでライブならではのグルーヴを出したいと思っていて。それで楽しんでもらえたから、間違ってなかったなと」

最後に、今年の「りんご音楽祭」への意気込みを聞こう。

MOMIJI「去年は私たちのライブを音に乗りながら見に来て、そのままずっと踊ってくれるような人もいっぱいいて(笑)。根っからの音楽好きが大集合!って感じだから、本当に楽しみです」

KAHORI「時期やロケーションも含めて、暑すぎず寒すぎずだから過ごしやすいし、たぶん面白いアーティストがたくさん出て、刺激も受けると思うので、今年も楽しみたいですね」

プロフィール

Wang Dang Doodle /わんだんどぅーどる

Vo&Blues harpのMOMIJI(写真・左)とGt&ManipulatorのKAHORI(写真・右)からなる二人組ユニット。’24年「ゴーゴーアワード」のグランプリを受賞。

りんご音楽祭

公演情報

りんご音楽祭2024

  • 9/28(土) 長野・松本市アルプス公園
  • 9/29(日) 長野・松本市アルプス公園

[出演アーティスト(順不同)]

  • BONNIE PINK、安藤裕子、SPECIAL OTHERS ACOUSTIC、小山田壮平、ZAZEN BOYS、堀込泰行、GLIM SPANKY、大沢伸一(MONDO GROSSO)、RHYME SO、奇妙礼太郎、MONO NO AWARE、荒谷翔大、Wang Dang Doodle 他100組以上

インタビュー・文/高木“JET”晋一郎
構成/月刊ローチケ編集部 5月15日号より転載

お気に入り登録して最新情報を手に入れよう!

りんご音楽祭

Wang Dang Doodle(ワンダンドゥードゥル)

国内アーティスト