クラシック
東京交響楽団 第15回 子どもたちと芸術家の出あう街 ~オーケストラのイキモノ大図鑑~

公演日:2019/2/11(月)~2019/2/11(月)

東京交響楽団 第15回 子どもたちと芸術家の出あう街 ~オーケストラのイキモノ大図鑑~
©K.Miura

チケット情報

子どもたちと芸術家の出あう街 ~オーケストラのイキモノ大図鑑~

オーケストラは個性あふれるたくさんの“イキモノ”たちが集まって、力をひとつに合わせて音楽を生みだすんだ!
アーティスト達はまるで“イキモノ”。それぞれの楽器の演奏者は、違った音色と色んな性格を持っている。

そして音楽は踊りだす。歌と踊りとリズムで、みんなもオーケストラと一緒に音楽を奏でよう!


公演スケジュール

開催日時会場
2019/2/11(月)
15:00開演
東京芸術劇場 コンサートホール

出演

指揮(博士):梅田俊明
テューバ(タビーちゃん):渡辺功
ナビゲーター(助手):野口綾子

曲目

第一部
ひらこう!!『オーケストラのイキモノ図鑑』
~いろんな楽器の魅力を発見!~
ラヴェル:「クープランの墓」から「前奏曲」
ファリャ:スペイン奇想曲から
グリーグ:「ホルベアの時代より」から「前奏曲」
チャイコフスキー:「くるみ割り人形」から「あし笛の踊り」
グリーグ:「ペール・ギュント」第1組曲から「山の魔王の宮殿にて」
ウェーバー:「魔弾の射手」から「狩人の合唱」
アンダーソン:トランペット吹きの休日
ハチャトゥリアン:「ガイーヌ」から「剣の舞」
クラインジンガー:テューバのタビーの物語

第二部
踊り出すオーケストラの響き!!
~魅惑のサウンドで異国の地へ行こう!~
ブラームス:ハンガリー舞曲第5番
ボロディン:「だったん人の踊り」から
ラヴェル:ボレロ

プロフィール

梅田俊明(指揮)

東京に生まれる。5歳よりピアノを始め、井上直幸、新井精氏等に学ぶ。1984年桐朋学園大学音楽学部を卒業。86年同研究科を修了。指揮を小澤征爾、秋山和慶、尾高忠明、コントラバスを小野崎充、ピアノと室内楽を三善晃の各氏に師事する。83、84年には来日中のジャン・フルネ氏にも学んだ。86年よりウィーン国立音楽大学指揮科に留学、オトマール・スイトナー氏に師事し、研鑚を積んだ。帰国後、89年12月より92年4月まで日本センチュリー交響楽団指揮者を務めた。90年4月より仙台フィルハーモニー管弦楽団指揮者に就任。92年4月より96年3月まで神奈川フィルハーモニー管弦楽団の指揮者の任も果たした。2000年4月より仙台フィルハーモニー管弦楽団の常任指揮者に就任。オーケストラの発展に情熱を注ぎ込み、2006年3月までその任を務めた。客演としては、NHK交響楽団、読売日本交響楽団、東京都交響楽団、新日本フィルハーモニーを始め、国内主要オーケストラと長年に亘り共演を重ねている。

渡辺 功(テューバ)

1960年東京生まれ。小学校卒業と同時に音楽の道を志す。1976年芸大附属音楽高校入学。一浪後1980年東京芸術大学音楽学部に入学。1986年第三回日本管打楽器コンクール テューバ部門において一位無し《二位の下》を受賞。1989年東京シティフィルハーモニック管弦楽団入団。1993年(財)東京交響楽団に移籍、現在にいたる。2000年東京交響楽団定期演奏会においてR・ヴォーン・ウイリアムズのテューバ協奏曲のソリストをつとめ好評を博す。
洗足学園音楽大学、桐朋学園、東海大学各講師。
カスタム・ブラス・クインテット、東京シンフォニエッタのメンバー。日本ユーフォニアム・テューバ協会理事。

梅田俊明を「お気に入り登録」して最新情報を手に入れよう!

☆お気に入り登録

公演一覧

クラシック・オペラ 東京交響楽団 第15回 子どもたちと芸術家の出あう街 ~オーケストラのイキモノ大図鑑~

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2019/2/11(月) 東京芸術劇場 コンサートホール(東京都) 先着一般発売

発売中

座席選択

2018/10/16(火) 10:00 ~ 2019/2/7(木) 23:59

申込はこちら

もっと見る +

クラシック・オペラ 東京交響楽団 第15回 子どもたちと芸術家の出あう街 ~オーケストラのイキモノ大図鑑~

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
2019/2/11(月) 東京芸術劇場 コンサートホール(東京都) 先着一般発売

発売中

座席選択

2018/10/16(火) 10:00 ~ 2019/2/7(木) 23:59

申込はこちら

もっと見る +