Boo-Wooチケット

イベント
うつくしき和色(わのいろ)の世界―KIMONO-

江戸時代の着物に染められた和色(わのいろ)

日本には『和色(わのいろ)』と呼ばれる伝統的な色が数多くあります。『和色』は天然染料から生み出され、それぞれに美しい名前がつけられていることが特徴です。
『和色』の呼称の歴史は長く、衣服において古くは身分階級を表し、近世以降は流行(モード)に影響を与えたりと、多様に展開しながら現在まで日本独自の文化として引き継がれてきました。
1611年に「伊藤屋」という呉服小間物問屋として創業し、明治以降に百貨店として業態転換した松坂屋は、江戸時代の着物の「模様」や「色」に注目し、着物のデザインと染めの技術を高める目的で染織工芸品を収集してきました。
本展では、松坂屋が所蔵する染織品の中から江戸時代に製作された着物を色で3つの章にわけて、『和色』の持つ意味と魅力をご紹介します。第一章では『白をもとめて』として「白」、第二章では『ひろがる染色の世界』とし「青」「緑」「黄」「黒」、第三章では『華やぎ艶めく色』とし「紫」「赤」と地色を「染め分け」した着物を中心に、小袖・裂・帯・雛形本などあわせて約160点をご紹介します。江戸時代の『和色』の世界を是非お楽しみください。

日程

10月2日(土)~11月21日(日)
10:00~19:30 ただし最終日は18:00閉館(いずれも入館は閉館30分前まで)

休館日:10月29日(金)(一部展示替えのため)

会場

松坂屋美術館(松坂屋名古屋店 南館7階)
(名古屋市中区栄三丁目16番1号)

アクセス

地下鉄名城線矢場町駅 地下通路直結(5・6番出口)/地下鉄栄駅 16番出口より南へ徒歩5分

お問い合わせ先

松坂屋名古屋店
TEL:052-251-1111(代)

発売情報

前売券 9月1日(水)午前10時販売開始

料金

前売券
一般 800円
高・大生 600円
当日券
一般 1,000円
高・大生 800円
  • ※中学生以下無料。
  • ※障害者手帳・特定疾患医療受給者証をお持ちの方と付添いの方1名様まで無料。

外部リンク

松坂屋美術館HP
https://www.matsuzakaya.co.jp/nagoya/museum/

うつくしき和色(わのいろ)の世界―KIMONO-