演劇
TAP THE BEST SHOW 2018

TAP THE BEST SHOW 2018

チケット情報

他の追随を許さない数々のリズムエンターテインメントを生み出してきた、タップダンサーのHIDEBOH (ヒデボウ)が、その血を色濃く受け継ぐ仲間達をプロデュース。2017年6月、博品館劇場にて大好評のうちに幕を閉じた「TAP THE BEST SHOW」が、2018年2月に拡大再演!!タップダンスを基調としながらも、ありとあらゆるリズムを駆使した劇的なエンターテインメントショーがNEW バージョンとして登場します。

構成・演出:HIDEBOH
演出協力:本間憲一
構成協力:本間仁
音楽監督:桃井裕範
音楽監督補:岩崎廉

出演:
清水夏生
HAMACHI
Batt
KENICHI

NON
nana
MAYU
kuriko
Yuko

HIDEBOH

ゲスト:
松岡充・樹里咲穂



♪演奏曲目(予定)♪
迫力満点のビッグバンドの生演奏とともに、タップが鳴り響く!!

・“That’s entertainment”  ミュージカル映画「The Band Wagon」より
・“Don‘t stop believin’” by Journey
・“All That Jazz”  映画「CHICAGO」より
・“I Got Rhythm”  by George Gershwin
・“Singin’ in the Rain”  ミュージカル映画「雨に唄えば」より
・“Hotel California”  by The Eagles
・“My way”   by Francis Albert Sinatra     他

 

 

【プロフィール】
≪HIDEBOH≫

6歳よりタップダンスをはじめ、19歳でインストラクターとなり、22歳で渡米。タップダンス界のトップスター、グレゴリー・ハインズの師匠であるヘンリー・ルタンに師事。2003年には、北野武監督作品の映画『座頭市』で、農民のタップ&ストンプシーンに出演し、その振り付けから総合演出までを手掛け、タップダンスを日本に広めた第一人者として注目を集めている。近年の出演・活動は、<TV>『世界に誇る50人の日本人成功の遺伝史』(日本テレビ)、『題名のない音楽会』(テレビ朝日)<舞台>ミュージカル『タップ・ジゴロ』(2010年、2012年・主演)、『海に響く軍靴』(2015年)など。

【舞台写真】※前回公演より





 

コメント

☆ゲスト&応援団長よりコメント到着☆

【ゲスト:樹里咲穂さん】
◇ゲスト出演が決定した時の気持ち:
私はHIDEBOHさんのタップの音色が大好きなんです。HIDEBOHさんのタップダンスを間近で楽しめる!それだけでとても嬉しかったです。

◇タップダンサーのHIDEBOHさんと共演することについて:
HIDEBOHさんとはミュージカル「TAP GUY」以来の共演です。その時は直接の絡みはなかったのが残念だったのですが、今回はデュエット&タップダンスのコラボレーションさせて頂けるのでワクワクしています。

◇公演を楽しみにされている皆様へのメッセージ:
タップダンスと一言でいってもこんなにたくさんの魅せ方があるのかと感心し通し。オシャレで粋でとにかくカッコいい!「TAP THE BEST SHOW2018」是非この感動を体感しに劇場にいらして下さい!お待ちしております!

【応援団長:芋洗坂係長さん】


タップの魅力、エンターテイメントの魅力、激団HIGUCHIの魅力が詰まったこのショーに出られるだけで光栄でございます!このステージをもっと広げて、全国の方々に見ていただける様、精一杯応援して行く所存でございます!