演劇
キャラメルボックス2018スプリングツアー『夏への扉』

キャラメルボックス2018スプリングツアー『夏への扉』

チケット情報

キャラメルボックス『夏への扉』

『夏への扉』、7年ぶりの再演です。原作は1957年に出版され、今でも世界中の人々に愛されている、タイムトラベル小説の不朽の名作。これが書かれなければ、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』も『バタフライ・エフェクト』も作られなかった! 私たちキャラメルボックスは2011年に世界で初めてこの小説を舞台化。7年ぶりの今回は、メインの畑中智行・筒井俊作・大内厚雄を残して、それ以外のすべてのキャストを一新。さらにゲストとして井俣太良さんと百花亜希さんをお迎えし、パワーアップした『夏への扉』を作ります。真実の愛を求めて時空間を駆け巡るダニエルの姿を、あなたも劇場で見届けてください。待ってます!

成井豊


【ストーリー】
1970年、ダニエル・デイビスは失意のどん底にいた。大学で機械工学を学んだダニエルは、親友と二人で会社を設立。ハイヤード・ガールと名付けたロボットの開発に成功した。が、婚約中の恋人と親友が仕組んだ罠に嵌められ、会社とロボットを奪われたのだ。ダニエルに残されたのは、飼い猫のピートだけ……。彼は裏切り者二人への復讐を誓うが、逆に捕らわれの身となり、コールドスリープの冷凍場に送られてしまう。そして、長い眠りから覚めた時、そこは30年後の、2000年だった! 会社は? ロボットは? そして、愛猫ピートは? すべてを失ったダニエルは、起死回生の一手を打つ!


原作:ロバート・A・ハインライン
翻訳:福島正実(ハヤカワ文庫刊)
脚本:成井豊+真柴あずき
演出:成井豊

出演:
畑中智行、大内厚雄、筒井俊作、原田樹里、木村玲衣、金城あさみ、竹鼻優太、元木諒、石川彩織、島野知也、矢野聖

ゲスト:井俣太良、百花亜希

お気に入り登録