演劇
札幌演劇シーズン2017-夏 intro「わたし-THE CASSETTE TAPE GIRLS DIARY-」

札幌演劇シーズン2017-夏 intro「わたし-THE CASSETTE TAPE GIRLS DIARY-」

チケット情報

札幌演劇シーズン2017-夏 intro「わたし-THE CASSETTE TAPE GIRLS DIARY-」

上演期間:8/16(水)~23(水) 

会場:生活支援型文化施設コンカリーニョ

作・演出:イトウワカナ

原案:太宰治「女生徒」

(上演時間90分)

 

■劇団プロフィール

2006年よりユニットとして活動開始。札幌を拠点に今や全国で公演を行っている。物語性だけでなく身体と色彩感覚、そして五感を用いて描かれる舞台は、演劇という言葉では言い尽くせない体感を観たものに与え続けている。2013年初演の「わたし-THE CASSETTE TAPE GIRLS DIARY-」は、高水準のチームワークと俳優の個性を発揮する演出が評価され、2013年佐藤佐吉賞優秀演出賞受賞。「コンテンポラリー演劇」「ポストロック劇団」「札幌の異端児」などいろいろな言葉で形容されるが、演劇で音楽をやろうと試み続けている。

 

■あらすじ 

繰り返される毎日を他愛ない妄想でやりすごす「わたし」
繰り返される毎日をなんとなく過ごしていたら死んでしまっていた「わたし」
繰り返される毎日がイヤでイヤで仕方ない「わたし」
そんな「わたし」もあんな「わたし」も生きて死んで、ぎゃっと目覚めて、
さらに生きまくる!
まるでカセットテープのように再生し続ける日常と感情を、
全肉体と全神経でライブする!
introの肉体的・感情的・祝祭エンタテイメント!

 

≫札幌演劇シーズン2017-夏 TOPへ

関連するタグ