演劇
新国立劇場 演劇『赤道の下のマクベス』

新国立劇場 演劇『赤道の下のマクベス』

チケット情報

赤道の下のマクベス

鄭義信の日本初演作品 戦争とは、国家とは......

鄭義信が新国立劇場に書き下ろした、1950~1970年代にかけて戦後の影の日本史を描いた三部作『たとえば野に咲く花のように』『パーマ屋スミレ』『焼肉ドラゴン』に遡る第四弾。

  

ものがたり:

1947年夏、シンガポール、チャンギ刑務所。 死刑囚のみが集められた監獄Pホールは、演劇にあこがれ、ぼろぼろになるまでシェイクスピアの『マクベス』を読んでいた朴(パク)南星(ナムソン)、戦犯となった自分の身を嘆いてはめそめそ泣く李(イ)文平(ムンピョン)、一度無罪で釈放されたにも関わらず、またつかまり二度目の死刑判決を受けるはめになった金(キム)春吉(チュンギル)など朝鮮人の元捕虜監視員と、元日本軍人の山形や黒田など、複雑なメンバーで構成されていた。 BC級戦犯である彼らは、わずかばかりの食料に腹をすかし、時には看守からのリンチを受け、肉体的にも精神的にも熾烈極まる日々を送っていた。 ただただ死刑執行を待つ日々......そして、ついにその日が訪れた時......。

 

作・演出:鄭 義信

 

出演:

池内博之 浅野雅博 尾上寛之 丸山厚人 平田満
木津誠之 チョウ ヨンホ 岩男海史 中西良介