演劇
舞台『春のめざめ』

舞台『春のめざめ』

イベント情報

KAAT神奈川芸術劇場プロデュース「春のめざめ」


ドイツの劇作家フランク・ヴェデキント作『春のめざめ』が、2017年春、

原作版ストレートプレイとして蘇る!

1891年にドイツの劇作家フランク・ヴェデキントによって書かれた「春のめざめ」は、
思春期の少年・少女たちの性への目覚め、生きることの葛藤、大人や社会からの抑圧などを描き、
そのセンセーショナルな内容から、当事上演禁止の処分を受けた問題作。
2017年春、白井晃演出、志尊淳・大野いと・栗原類ら、注目の若手俳優出演により、
原作版ストレートプレイとして、現代に蘇ります!


≪ものがたり≫
ドイツの中等教育機関で学ぶ優等生のメルヒオール(志尊淳)、友人の劣等生のモーリッツ、同級生のヴェントラ(大野いと)。ある日の帰り道、メルオヒールはモーリッツに『子供の作り方』を図解で説明すると約束する。
成績のさえなかったモーリッツ(栗原類)は、学校での過度な競争にたえられず米国への出奔を
企てるものの果たせず、将来を悲観して自殺する。
一方、メルヒオールは半ば強姦のようにヴェントラと関係し、ヴェントラを妊娠させて
しまう。自殺したモーリッツの遺品からはメルヒオールのメモが見つかり、ヴェントラとの事も発覚、自殺の原因とされたメルヒオールは親に感化院に入れられてしまい、、、。

原作:フランク・ヴェデキント
翻訳:酒寄進一
構成・演出:白井晃

出演:
志尊 淳 大野いと 栗原 類

小川ゲン 中別府 葵 北浦 愛 安藤輪子 古木将也 吉田健悟 長友郁真 山根大弥

あめくみちこ 河内大和 那須佐代子 大鷹明良

 

≫志尊 淳インタビューが到着!詳しくはこちら

関連するタグ