演劇
熱海殺人事件 NEW GENERATION

「熱海殺人事件 NEW GENERATION」

イベント情報

「熱海殺人事件 NEW GENERATION」


新春です!つかです!熱海です!つかこうへい復活祭

2010年、つかこうへいは永遠の眠りについた。
演劇界の巨匠が宇宙へと旅立った。

しかし、紀伊國屋の「熱海殺人事件」は終わらない。
2017年の幕開けとともに、“NEW GENERATION”と銘打ち、全く新たなメンバーで、「熱海殺人事件」の上演に挑む。

木村伝兵衛部長刑事に、『新・幕末純情伝』で桂小五郎を演じた
味方良介が馬場徹に並び、史上最年少24歳でこの大役に挑む。

対する犯人大山金太郎に、ミュージカル『刀剣乱舞』の主演などで注目を集める
黒羽麻璃央がその勇姿を見せる。

水野朋子婦人警官には、1986 年映画版でヒロインを演じた志穂美悦子の娘、
文音が30年の時を越えその神秘のベールを脱ぐ。

富山から来た田舎の刑事熊田留吉に『手裏剣戦隊ニンニンジャー』などで活躍の
多和田秀弥を迎え、まったく新しい「熱海殺人事件」を作り上げる。

演出は、日本エンタテインメント演劇の巨匠、つかこうへいの懐刀、岡村俊一があたる。

この作品だけは、つかこうへいの遺志として、これからもキャスト・スタッフも変貌を遂げながら上演し続ける予定である。

「熱海殺人事件」は生き続ける。

原作:つかこうへい
演出:岡村俊一

出演:味方良介、文音、多和田秀弥、黒羽麻璃央

 

≫黒羽麻璃央 インタビューが到着!詳しくはこちら

関連するタグ