演劇
夜が私を待っている

夜が私を待っている

イベント情報

心理サスペンス劇
夜が私を待っている
NIGHT MUST FALL

 

英国人作家により1935年に書かれた
心理サスペンス劇の決定版!
魅力的なキャストを得て、遂に上演決定!

森のはずれの館に暮らす
身体の不自由な未亡人ブラムソンとその姪オリヴィエ。
そこに現れる好青年ダン。
そして、森の中では、死体が発見された…

 

<登場人物>
ダン(入江甚儀)・・・「トールボーイズ」のウェイター。通称ベビー・フェイス。
オリヴィア・グレイン(秋元才加)・・・ブラムソン夫人の姪。物静かな女性。

 

テレンス夫人(明星真由美)・・・中年の料理女。恐れを知らないロンドンっ子。
ベルサイズ警部(久ヶ沢徹)・・・犯罪捜査課の警部。まったく目立ったところのない男。
ヒューバート・ローリー(岡部たかし)・・・オリヴィアの崇拝者。口髭のはやした血色のいい男。
リビー看護婦(弘中麻紀)・・・ブラムソン夫人の看護師。親切で実務的な女性。
ドーラ・パーコー(白勢未生)・・・メイド。きれいで愚かで身持ちの悪い田舎娘。

 

ブラムソン夫人(前田美波里)・・・邸宅の主。気難しく何事にも不満な女性。

 

作:エムリン・ウィリアムズ
演出:河原雅彦
翻訳:常田景子

 

出演:
入江甚儀

 

秋元才加

 

明星真由美
久ヶ沢徹
岡部たかし
弘中麻紀
白勢未生

 

前田美波里

 

 

≫囲み取材レポート&舞台写真到着!詳しくはこちら

関連するタグ