演劇
月刊「根本宗子」第13号 夢と希望の先

月刊「根本宗子」第13号『夢と希望の先』

イベント情報

月刊「根本宗子」第13号『夢と希望の先』

 

<浅野いにおの描き下ろしによるイラスト版>

 

 

 

月刊「根本宗子」の新作は、劇団史上初の下北沢本多劇場での上演!

 

≫根本宗子インタビューはこちら

 

≪イントロダクション:根本宗子より≫

 

ようやく本多劇場までたどり着きました。
旗揚げから8年かかりました。早かったのか長かったのかはわかりません。

 

何をやろうかは悩みませんでした。
2年前に書いた「夢も希望もなく。」を元にした新作です。
夢を追い、地方から上京してきた2人の少女の人生が才能の欠片もない1人の男によって大きく左右される話です。
10年前と10年後のシーンが2時間同時進行し続けるという戯曲と演出で2年前死ぬほど稽古した記憶があります。

 

そして、そんな二人の少女を橋本愛さんとプールイさんが、ダメ男役を玉置玲央さん(10年前)と鬼頭真也さん(10年後)が。
メインキャストが4人とも初めての方々ですが、キャスティングは一切迷わず決めました。

 

2年前より、より濃密な感情の情報量の多い芝居になるのではないかなと今からとても楽しみです。
やっとここまで来たから、今の自分の思いと二人の少女の感情を重ね、この「夢と希望の先」が私の代名詞になるような作品になるようにしたい。

 

 

作・演出:根本宗子

 

出演:

橋本愛 玉置玲央 プールイ 鬼頭真也

小野川晶 大竹沙絵子 長井短 墨井鯨子 鈴木智久 尾崎桃子 根本宗子

関連するタグ