演劇
新橋演舞場11月公演『三婆(さんばば)』

新橋演舞場11月公演『三婆(さんばば)』

チケット情報

新橋演舞場11月公演『三婆(さんばば)』

 

敵か味方か?突然始まった、3人のおばちゃまたちの奇妙な共同生活。
そこに巻き込まれていくさえない中年男。これは果たして喜劇、それとも悲劇?

大人気喜劇が究極のキャストで上演決定!!


≪あらすじ≫
昭和38年の初夏。
金融業者の武市浩蔵が妻である松子(大竹しのぶ)を遺し、ぽっくり死んだ。
裸一貫で武市産業を創った浩蔵だが、死んで借財だけが残り、その返済のため渋谷に住む浩蔵の妹・タキ(渡辺えり)の家と、本宅の裏庭の一部が売却され、松子の住む家だけが残った。
そんな中、松子の家にタキが荷物をもって突然引っ越してきた。タキは、故人の妹は本妻と同等かそれ以上の相続権があるものと信じ、居座るつもりでいる…。さらに妾の駒代(キムラ緑子)も、新橋に料理屋を開業するまでの一ヶ月間、部屋を貸して欲しいとやってきて…。
突然始まった奇妙な共同生活。肚に一物ある〝三婆”たちは、浩蔵の部下であった重助 (段田安則)、武市家の御用聞き辰夫(安井謙太郎)、さらにはお手伝いのお花(福田彩乃)をも巻き込み、敵か味方か、熾烈なバトルを繰り広げる!

 

原作:有吉佐和子
脚本:小幡欣治
演出:齋藤雅文


出演:
【武市松子】大竹しのぶ
【武市タキ】渡辺えり
【富田駒代】キムラ緑子


【辰夫】安井謙太郎(ジャニーズJr.)
【お花】福田彩乃
【瀬戸重助】段田安則

 

≫キムラ緑子インタビューはこちら

関連するタグ