演劇
ミュージカル『マーダー・バラッド』

ミュージカル『マーダー・バラッド』

チケット情報

ミュージカル『マーダー・バラッド』

NY、韓国で観客大熱狂!
HOT&SEXYな90ミニッツ!
ノンストップ★ソング・スルー・ロック・ミュージカル
遂に日本上陸!!

 

≪ストーリー≫
ナレーター(濱田めぐみ)が歌う。「聖人と罪人の歌が聞こえる。美しい炎は引力がある、でも触ってはいけない」。

ニューヨークに住むサラ(平野綾)とトム(中川晃教)は、幼いころに出会い、燃え上がるような恋をする。サラは歌手を、トムは俳優を夢見ていた。だが、あまりに熱い恋は時がたてば冷めるもの。トムはサラに飽き別れを告げる。失恋したサラは傷をいやそうとダウンタウンのバーで酒におぼれる日々。そんなある日、酒に酔いふらつきながら帰る途中、詩の博士号を持つマイケル(橋本さとし)と出会う。マイケルは傷つきボロボロになっていたサラを抱きしめ、二人は恋に落ち、結婚する。

アッパーサイドに家を買い、家庭を築き、娘のフランキーが産まれる。だが、サラはいつしか、毎日同じことの繰り返しの日々にうんざりとしていた。育児と家事に疲れたサラは、かつて燃え上がる恋をしたトムを懐かしく思い出し、トムがダウンタウンに新しくオープンしたクラブ<キングズ・クラブ>を訪ねてしまう。サラと別れたことを悔やんでいたトムは、再会したサラを手放したくはなかった。結局二人は恋に落ち越えてはならない一線を越えてしまう。だが時間がたつにつれ、後悔の気持ちばかりが大きくなるサラ。一方のトムは嫉妬の気持ちばかりが強くなっていく。やがて、マイケルも二人の関係に気がつく。 

トム、マイケル、サラ・・・・ついにキングズ・クラブに3人が揃う。

ナレーターが歌う。「クラブ、ダイヤ、スペード、ハート 勝負の決め手は自らの選択と、運命!」。
そして、キングズ・クラブで未解決殺人事件が起きた。殺したのは誰か?

 

訳詞・上演台本:森雪之丞
演出:上村聡史

 

出演:
トム(ダウンタウンのクラブのオーナー、サラの元恋人) …中川晃教
サラ(アッパー・イーストに住む女性、歌手を夢見ていた) …平野 綾
マイケル(サラの夫、詩学の博士号を持つ。) …橋本さとし
ナレーター(バーテンダー。本物語の語り手。) …濱田めぐみ

 

≫ミュージカル『マーダー・バラッド』稽古場写真が到着!記事はこちら

アフタートークショー開催決定!

11月13日(日)17:30公演後
中川晃教×平野綾×橋本さとし×濱田めぐみ

アフタートークイベント開催公演日完売に付き、お客様の熱いリクエストにお応えして、
≪追加≫アフタートークイベントの開催が決定いたしました!!
この機会をお見逃しなく!!


【追加アフタートークイベント開催日程】
11月20日(日)17:30 公演終了後
中川晃教×平野綾

11月23日(水)17:30 公演終了後
橋本さとし×濱田めぐみ

※該当公演のチケットをお持ちのお客様全員がご参加いただけます。
※イベント出演者は変更となる可能性がございます。予めご了承くださいませ。

関連するタグ