コットンクラブ

コットンクラブ

コットンクラブ

禁酒時代と呼ばれた1920年代。ニューヨーク・ハーレムに最高峰のエンターテインメントを提供すべく登場したナイトクラブが「COTTON CLUB」。ゴージャスでスリリング、そしてどこか危険な香りがする社交の場として君臨。ジャズの黎明期を駆け抜けたデューク・エリントンやリナ・ホーンなどの歴史に名を刻むビックスターを輩出した伝説のクラブで、その名はジャズの歴史の中で重要な位置を占めていた。そんな「COTTON CLUB」がなんと東京・丸の内に場所を移し'05年よりエンターテインメント・クラブとして蘇った。内装は'84年に公開されたフランシス・フォード・コッポラ監督映画「コットンクラブ」の賑わい感を再現されており、ニューヨークの伝説的クラブの日本店にふさわしい風格を持っている。
オープニングを飾ったのは、なんとニューヨークの「COTTON CLUB」での出演をきっかけに大ブレークしたキャブ・キャロウェイの孫、キャブ・キャロウェイ・ブルックスで、同店にふさわしいアーティストを迎えての素晴らしいスタートを切った。さらにジャズを中心に、ソウル、ポップス、ブルース、ラテンなど多くのジャンルでのそれぞれにハイレベルなアーティストたちを招聘。デビュー作「Yours」が全米ジャズ・チャートでTOP10ヒットとなったサラ・ガザレクや、世界一のセッションギタリスト、デヴィッド・T・ウォーカーなど、気鋭な若手からベテランまで来場者を楽しませてくれるラインナップで、ジャズ・シーンの注目を集めてきた。近年では'08年にデビュー40周年を迎えた森山良子が初登場し、話題に。
もちろん、店内のエレガントで落ち着いたインテリアと贅沢な料理も、ステージに彩りを添える。極上の時間を紡ぐアーティスト達の演奏が、日常から離れたゴージャスで魅惑的なひとときを演出する事だろう。ジャンルと時代を超えて一流を愛する人たちの場、「コットンクラブ」。まさに現代の華やかなセレブリティーたちが集まる場として、伝説を刻み続けている。

コットンクラブ

東京駅 丸の内南口から徒歩2分という好立地。
エントランス、クローク、ホワイエ、そして客席へ。
空きがあればボックス席にアップグレードすることも出来るというから嬉しい。ボックス席は、大事な名演奏の瞬間を見逃すことがないように見晴らしがよく、落ち着いた気分で楽しむことが出来る。開演1時間前の来店で、ゆったりと食事をしながらライヴを楽しむのがお勧めだ。
ワインは、20カ国以上のものからお好きなものをチョイスして。日替わりのスペシャルディナーとともに舌鼓をうっていただきたい。

コットンクラブの新着情報はコチラ コットンクラブの新着情報はコチラ

国内外の上質な食材を使ったコースは6,300円から。
旬の食材をふんだんに使ったフランス料理が堪能できる。
   

コットンクラブ

FOOD MENU FOOD MENUはコチラ
DRINK MENU DRINK MENUはコチラ
WINE MENU WINE MENUはコチラ

JR線東京駅徒歩2分 地下鉄丸の内線東京駅徒歩2分
〒100-6402 東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA 2FTEL:03-3215-1555 (月-土11:00-23:00,日・祝11:00-21:00)
MAPはコチラ http://www.cottonclubjapan.co.jp/  

チケット購入はコチラ!