クラシック
熊川哲也Kバレエ カンパニー Spring Tour2018『白鳥の湖』

熊川哲也Kバレエ カンパニー Spring Tour2018『白鳥の湖』
©Hidemi Seto

チケット情報

――――――――――――――――
キャスト変更のお知らせ

Spring 2018『白鳥の湖』公演に出演を予定しておりました中村祥子は、左大腿方形筋挫傷の為、
下記の通り、キャストを変更させて頂きます。

Spring 2018『白鳥の湖』
●3月22日(木)14:00公演
●3月24日(土)17:00公演

〈オデット/オディール役〉
中村祥子→小林美奈

何卒ご了承のほど、お願い申し上げます。

主催者/K-BALLET COMPANY

―――――――――――――――

なお、本件に伴うチケットの払い戻し、変更は承りかねます。
何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。

 


 

ストーリー
ジークフリード王子の誕生日。成人を迎えた彼は、母である王妃から翌日の舞踏会で花嫁を選ぶよう命じられる。その夜、湖のほとりで王子はオデットに出会い、あまりの美しさにひと目で恋に落ちる。王子の誠実さに心を許したオデットは、悪魔ロットバルトの呪いによって白鳥に変えられ、夜の間だけ人間の姿に戻れるという悲しい身の上を語る。彼女を救うために永遠の愛を誓う王子。だが、舞踏会当日、ロットバルトの策略によって王子はオデットによく似たオディールに愛を誓ってしまうのだった……。


会場 
東京 Bunkamura オーチャードホール

日時
3月21日(水・祝) 14:00
3月22日(木)   14:00
3月23日(金)   14:00
3月24日(土)①  12:30 、②  17:00 
3月25日(日)   13:30


キャスト
オデット/オディール 浅川紫織(3/21,3/23)、小林美奈(3/22,3/24②)、矢内千夏(3/24①,3/25)
ジークフリード    宮尾俊太郎(3/21,3/23)、遅沢佑介(3/22,3/24②)、栗山廉(3/24①,3/25)
ロットバルト              S.キャシディ(3/22,3/24②)、石橋奨也(3/21,3/23)、杉野慧(3/24①,3/25)

演奏
指揮:井田勝大 管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー

最新ニュース

プリンシパル浅川紫織が、この秋の『ロミオとジュリエット』を最後にダンサーを引退することを発表!



熊川哲也 オフィシャルコメント

この度、プリンシパルの浅川紫織が10月の『ロミオとジュリエット』を最後に第一線より引退する旨を決意しました事をご報告させて頂きます。 18歳よりKバレエにてプロのキャリアをスタートし16年間、トップバレリーナとして10年間、Kバレエの歴史と共に歩み育ち、名実共に真のプリンシパルダンサーまで上り詰めた彼女のバレリーナ人生は、孤高にて崇高なバレエの世界において、一流の芸術家としてファンの方々に夢を与え続けた事でしょう。 彼女と出会い共に夢を見た16年間は、私自身の芸術活動の結晶として永遠に脳裏に宿り、計り知れない愛情を感じずにはいられません。 とりわけ最後の6年間、大きな怪我を抱え孤独と戦いながらも最高峰のパフォーマンスを続けてきた姿には、私をはじめ仲間や多くの後輩達にも多大なる影響を与えた事でしょう。
プリンシパルダンサーとは、苦境に立たされた時に真の強さ優雅さを兼ね備え自分に打ち勝ち自身を犠牲にし、バレエ芸術に身を捧げる精神力があってこそのトップバレリーナ、ダンサーは浅川紫織を見習うべし
試練を感動に変えるという教訓を身を持ってカンパニーの強さとして残してくれた彼女へ、満場の喝采を送ると共に、最後の公演まで、そしてこれからもKバレエの一員としての浅川紫織を応援してくださいます様、心よりお願い申し上げます。

熊川哲也




引退記者会見では、熊川芸術監督の浅川への言葉に、感極まるシーンも!
▼引退記者会見の模様はこちら