クラシック
ル・グラン・ガラ2018 ~パリ・オペラ座バレエ団トップダンサーたちによる華麗なる宴~

ル・グラン・ガラ2018 ~パリ・オペラ座バレエ団トップダンサーたちによる華麗なる宴~
(c)James Bort

チケット情報

 

 

フィレンツェ・バレエの元芸術監督で、現在イタリアを中心に活躍する振付家ジョルジオ・マンチーニが、絶対的人気と実力を誇るパリ・オペラ座のなかでも群を抜く人気エトワール、マチュー・ガニオとドロテ・ジルベールのために創作した《トリスタンとイゾルデ》が、いよいよ日本に上陸!
《トリスタンとイゾルデ》は、ワーグナー愛好家のマンチーニが長い間あたためてきた作品で、2011年に遡る。フィレンツェ市内のストロツィ宮の中庭で、公開創作というイヴェントを開催。その時に『トリスタンとイゾルデ』(リスト編曲)の音楽でデュオを創った。そこから発展して生まれたのが、同年12月28日に初演された『トリスタンとイゾルデ』だ。たった二人のダンサーが支える舞台なので、技術的にも芸術的にも厚みのあるダンサーがマンチーニには必要だった。そうしたダンサーの候補としてイゾルデに必要な強さがドロテにあり、トリスタンに必要なセンシビリティがマチューにあるということで、この二人に声をかけたところ、共に創作することが決まったという。
パ・ド・ドゥには<プレリュード>、<第2幕の愛のシーン>、<3幕のプレリュードとイゾルデの愛のシーン>が使用されている。ベジャール・バレエ出身のマンチーニはコンテンポラリー振付家とはいえ、この作品では、ドロテにポワントを履かせ、トリスタンとイゾルデの愛の“物語バレエ"として、大きな感動を観客に与える。
舞台衣裳を担当するのは、パリで活躍する中国人クチュリエ・デザイナー、イーチン・イン。
映像は、ファッション写真、ラガーフェルドなどのプロモーション映像などで有名なカメラマン、ジェームス・ボールト。
日本公演では、これに加え《ヴェーゼンドンク歌曲(世界初演)》が上演される。飛ぶ鳥を落とす勢いの若手ダンサー、オニール八菜、ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャンというバレエファン垂涎の豪華キャストが決定。新しい感動を日本の皆様に贈りたい。

 


日程
2018年

1月11日(木)18:30開演
1月12日(金)18:30開演
1月13日(土)13:00/17:00開演
※開場は、開演30分前。
 
 
演目
「トリスタンとイゾルデ」(全幕日本初演)
振付:ジョルジオ・マンチーニ
音楽:リヒャルト・ワーグナー
出演:ドロテ・ジルベール、マチュー・ガニオ

「ヴェーゼンドンク歌曲集」(世界初演)
振付:ジョルジオ・マンチーニ
音楽:リヒャルト・ワーグナー
出演:ジェルマン・ルーヴェ、ユーゴ・マルシャン、オニール八菜

「スペシャル・フィナーレ」
 
 
会場
東急シアターオーブ
 
 
出演
マチュー・ガニオ(パリ・オペラ座バレエ団エトワール)
ドロテ・ジルベール(パリ・オペラ座バレエ団エトワール)
ジェルマン・ルーヴェ(パリ・オペラ座バレエ団エトワール)
ユーゴ・マルシャン(パリ・オペラ座バレエ団エトワール)
オニール八菜(パリ・オペラ座バレエ団プルミエール・ダンスー ズ)

 



※演奏は特別録音による音源を使用します。

※出演者は2017年8月1日 現在の予定です。出演者の病気や怪我など、やむを得ない事情により変更となる可能性がございます。公演中止の場合を除き、実施する全ての 公演に関して、キャスト変更等に伴うチケットの払い戻し、公演日や券種変更はお受けできません。
※公演中止の場合の旅費、チケット送料等の補償はいたしかねます。
※未就学児童は入場不可。