クラシック
辻井伸行 debut 10周年記念特別コンサート

辻井伸行 debut 10周年記念特別コンサート
©Yuji Hori

チケット情報

 

辻井伸行 プロデビュー10年を記念し 一夜限りの特別なコンサートを開催!

幼少の頃から、天才ピアニストとして注目を集めていた辻井伸行。
彼がプロのピアニストとして、そして作曲家として生きてゆくことを決心し、Disc1がクラシックのピアノ作品、Disc2が自作という意欲的な2枚組のデビューアルバム「début」をリリースしたのは2007年秋のことです。
CDデビュー時のインタビューで「世界で活躍するピアニストに、僕はなりたい」と答えていた彼は、デビュー後、世界的コンクールでの優勝をきっかけに、世界的指揮者やオーケストラとの共演を重ねて、今、もっとも世界で活躍する若手日本人ピアニストへと大成長を遂げました。また、作曲家としても、注目映画やテレビ番組のテーマ曲を担当するなど活躍の幅を大きく広げています。
そして、2017年11月、プロデビューから10年の節目として、この10年間の音楽活動を集成した一夜限りの豪華な演奏会を、CDデビュー記念コンサートの場としても演奏した東京・サントリーホールにて開催することになりました。
コンサート前半はピアノ・ソロの名曲、後半は協奏曲と、デビューから10年が経過した現在の辻井伸行の魅力のすべてを一夜で体験できる、本当に特別なコンサートになります。
 
 
出演:
辻井伸行(ピアノ)
本名徹次(指揮)、東京フィルハーモニー交響楽団

プログラム:
(前半)ピアノ・ソロ
ショパン:英雄ポロネーズ
ドビュッシー:月の光
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ラヴェル:水の戯れ
リスト:ラ・カンパネラ
(後半)協奏曲
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番

(オープニング映像) 辻井伸行ショートドキュメンタリー上映あり

関連するタグ