クラシック
シネマ・ミュージカル・コンサート

シネマ・ミュージカル・コンサート
French Musical Concert 2014 より

イベント情報

シネマ・ミュージカル・コンサート

 


ディズニー作品から楽曲も披露♪『シネマ・ミュージカル・コンサート』まもなく開幕!

ミュージカル界最高峰の歌声で、ミュージカルの名曲を歌い上げる!
東急シアターオーブ『シネマ・ミュージカル・コンサート』

 

“劇場から生まれる、新しいミュージカル・コンサート”のコンセプトのもと2014年に誕生した東急シアターオーブのオリジナル・コンサート企画。世界で活躍するスターの歌声で毎回好評を博すシリーズの第3弾、テーマは“映画”と“ミュージカル”。シリーズ史上最高キャストが集結!ミュージカル界最高峰の歌声で、珠玉の名曲を歌い上げます。

 

≪予定曲目の一部を大公開!≫
1994年ブロードウェイで開幕したミュージカル『美女と野獣』。ディズニーが製作したこの作品はブロードウェイに変革をもたらしました。映画でも数々の名作を生み出しているディズニーは、もはやミュージカル界には無くてはならない存在!
今回はそんなディズニー作品から『美女と野獣』、『メリー・ポピンズ』、『ノートルダムの鐘』、そして既にミュージカル化が発表されている『アナと雪の女王』の4作品からお贈りします。

 

君の瞳に恋してる(ジャージー・ボーイズ)
スーパースター(ジーザス・クライスト=スーパースター)
時が来た(ジキル&ハイド)
エヴリバディ・セイ・イエー(キンキーブーツ)
見果てぬ夢(ラ・マンチャの男)
アルゼンチンよ、泣かないで(エビータ)
サンセット・ブルバード(サンセット大通り)
パレードに雨を降らさないで(ファニーガール)
ワン・ソング・グローリー(レント)

 

~ディズニー作品より~
ビューティー・アンド・ザ・ビースト(美女と野獣)
スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(メリー・ポピンズ)
アウト・ゼア(ノートルダムの鐘)
レット・イット・ゴー(アナと雪の女王)
※演奏曲目は変更になる場合もございます。

 

 

 

■豪華出演陣による圧巻の歌声・・・ミュージカル界のスターが大集結!

★★ローラ・ミシェル・ケリー★★

ウエストエンドの『美女と野獣』、『レ・ミゼラブル』、『マンマ・ミーア!』、ブロードウェイの『屋根の上のバイオリン弾き』といった人気作に次々と出演。

その後、ウエストエンドで開幕し、のちにブロードウェイでも大ヒットした『メリー・ポピンズ』の主人公メリー・ポピンズ役のオリジナルキャストに抜擢され、

人気を不動のものとしたローラ・ミシェル・ケリー。

現在ブロードウェイで上演している『ファインディング・ネバーランド』に出演中の彼女が、ブロードウェイの熱気をそのまま日本に運んでくれます!

 

★★ウィレマイン・フェルカイック★★

日本でも大ヒットしているミュージカル『エリザベート』のアンサンブルでプロとしてのキャリアをスタート。

のちに主役・エリザベート皇后も演じた実力派。『ウィキッド』のエルファバ役としてブロードウェイ、ウエストエンドの舞台にも立っているという華麗なる経歴をもつ。

またディズニー映画『アナと雪の女王』のエルサ役ボイスキャストとして抜擢され、ドイツ語版(歌のみ)とオランダ語版で「LET IT GO」を歌い話題を集めました。

 

★★ジョシュ・ヤング★★

アメリカ出身のジョシュ・ヤングはミュージカルを中心に活躍中。

『エビータ』、『キス・ミー・ケイト』、『レ・ミゼラブル』などの公演でキャリアを積み、 2011年に再演された『ジーザス・クライスト・スーパースター』でブロードウェイ・デビュー。

ユダ役が評判を呼び、2012年トニー賞のミュージカル助演男優賞にノミネートされました。

昨年ブロードウェイで上演された『アメイジング・グレイス』の主役を務めるなど、今後益々の活躍が期待される注目株です。

 

 

■\速報/マテ・カマラスが特別ゲストとして出演!

日本でも人気の高いミュージカル『エリザベート』。

この作品の象徴とも言える“死(トート)”役としてドイツやハンガリー、そして日本でも活躍したミュージカル俳優、マテ・カマラスのゲスト出演が急遽決定!

2012年にシアターオーブで上演された『エリザベート20周年記念コンサート』に出演したマテ・カマラスが、4年ぶりにシアターオーブに登場します。

エリザベート役を演じたことがあるウィレマイン・フェルカイックと共に、原語での『エリザベート』ナンバーをお届けする予定です。ご期待ください!!

 

構成:寺崎秀臣
音楽監督:八幡茂
美術:土屋茂昭
出演:ローラ・ミシェル・ケリー、ウィレマイン・フェルカイック、マット・ローラン、ロベール・マリアン、ジョシュ・ヤング
特別ゲスト:マテ・カマラス
ステージング:マーク・スチュアート

関連するタグ