映画
グッズなし 「となりの怪物くん」

グッズなし 「となりの怪物くん」
©2018映画「となりの怪物くん」製作委員会
©ろびこ/講談社

チケット情報

映画「となりの怪物くん」

 

絶賛公開中!

 

作品紹介

菅田将暉 × 土屋太鳳 今最も勢いに乗る二人が、映画初共演で新境地を拓く! 青春恋愛映画の新たな金字塔、ここに誕生!!

 

2008年~2014年まで講談社「月刊デザート」で連載され、コミックス累計発行部数は610万部を突破(全13巻)している「となりの怪物くん」(ろびこ/講談社「KCデザート」刊)。 友達も全くいない、恋もしたことのないガリ勉・冷血な女子高生が、となりの席の問題児男子に、ふとしたことがきっかけで唐突に告白されたことから始まる物語。初めての友達、初めての恋、初めてのキス、初めてのケンカ、初めての三角関係…。何もかもが「初めて」同士の二人を中心とした、まっすぐだけど不器用な登場人物たちが織りなす繊細なヒューマンドラマが、女子高生だけではなく多くの層から支持を集めています。 そして、かねてより多くの原作ファンから映像化を待望されていた本作が、この度遂に待望の映画化となります。

 

主演の一人・吉田春を演じるのは、『帝一の國』『火花』など昨年計6本の映画に出演し、今最も勢いのある若手トップ俳優・菅田将暉。 本作では自身初となる“王道少女マンガの主人公”という役どころに満を持して挑みます。 また、同じく主演のヒロイン・水谷雫を演じるのは、映画『8年越しの花嫁-奇跡の実話-』(2017年)の大ヒットが記憶に新しい土屋太鳳。これまで『orange』(2015年)『青空エール』(2016年)のような、まっすぐでひたむきなキャラクターを演じることの多かった彼女が、あえてこれまでと全く逆の役どころとなる、恋愛をしたくない“冷血女子”の役に果敢に挑戦。女優としての新境地を拓きました。 その他、古川雄輝、山田裕貴、池田エライザ、浜辺美波、佐野岳ら、若手実力派俳優が集結。 瑞々しいキャストの競演がスクリーンを彩ります。

 

監督を務めるのは、『黒崎くんの言いなりになんてならない』(2016年)、『君と100回目の恋』(2017年)、そして2017年の大ヒット作品『君の膵臓をたべたい』など、数多くの青春恋愛映画を手掛け、“新たなラブストーリーの名手“との呼び声も高い気鋭の月川翔。 そして、映画『電車男』(2005年)『高台家の人々』(2016年)、ドラマ「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」(2016年/TBS)など、多くのラブストーリーを手掛ける脚本家・金子ありさが、少女マンガ原作の枠に止まらない感動の人間ドラマを紡ぎだしました。

 

2018年、『となりの怪物くん』が青春恋愛映画の新たな金字塔を打ち立てます。

 

ストーリー

行動予測不能な超問題児で“怪物”と呼ばれる春(菅田将暉)と、ガリ勉&冷血の雫(土屋太鳳)は、二人とも恋人はおろか、友達もいない。二人は高校1年生の4月、雫が不登校のとなりの席の春の家に嫌々プリントを届けに行ったことがきっかけで出会う。 それ以来、春は雫を勝手に“初めての友達”に認定し、さらに唐突に「シズクが好き」と告白。仕事で家にいない母親に認められるために、幼い頃から勉強だけを信じてきた雫にとって、友達や恋人などはただの邪魔な存在でしかなく、はじめは無関心だったが、やがて春の本当の人柄に触れ、次第に心魅かれていく。そして春と雫の周りには、夏目(池田エライザ)、大島(浜辺美波)、ササヤン(佐野岳)ら、いつしか個性豊かな友達が増えていった。初めての友情、初めての恋愛。そして、春のライバル・ヤマケン(山田裕貴)の登場により、初めての三角関係も巻き起こり、二人の世界が変わっていく。それは春と雫にとって、初めて“みんな”で過ごす時間だった。 そんなある日、兄の優山(古川雄輝)が春のもとに現れたことがきっかけで、春は絶縁状態だった父親の元へ突如連れ戻されることになり、雫の前からも姿を消してしまう。

なぜ、春は“怪物”になったのか? そしてその真実が明らかになったとき、春と雫の恋の行方は―?

 

【キャスト・スタッフ】

菅田将暉 土屋太鳳

古川雄輝 山田裕貴 池田エライザ 浜辺美波 佐野岳

佐野史郎 / 速水もこみち

原作:ろびこ『となりの怪物くん』(講談社「KCデザート」刊)

監督:月川 翔      

脚本:金子ありさ 

 

公式サイト http://tona-kai.jp

ユナイテッド・シネマ共通券 【発券月含む6ヶ月有効】

 

料金¥1,600

 

詳しくはこちら 

 

※本券はインターネット予約はできません。 ローソン・ミニストップ設置のLoppiにてお求めください。