映画
「52Hzのラヴソング」

「52Hzのラヴソング」
©2017 52Hz Production ALL RIGHTS RESERVED.

チケット情報

映画「52Hzのラヴソング」

12/16(土)公開!

 

伝説の映画『セデック・バレ』のウェイ・ダーション監督
6年ぶりの最新作は世代も性別も超えた様々な愛のカタチを、
17曲のラヴソングで綴った極上のミュージカル・エンターテイメント!!

 

バレンタインデーの台北。書き入れ時の花屋の店主には、一緒に過ごす彼氏がいない。想いを寄せる女性のために注文の品を作った孤独なパン職人は、それが彼女からその恋人へ贈られるものだと知っている。切なさを胸に、花とチョコレートをそれぞれ配達する二人だが、ある事件から行動を共にすることに。一方、パン職人が愛する公務員の女性は、夢を追い続ける作曲家の恋人を応援しながら十年間生活を支え続けていたが、二人は別れとプロポーズという正反対の思惑でバレンタインの朝を迎えていた——。

台湾の歴代興収1位を誇る『海角七号 君想う、国境の南』をはじめ、台湾映画史上最高額をかけて制作され抗日暴動・霧社事件を描き日本でも大ヒットした『セデック・バレ』、プロデューサーにまわり日本の永瀬正敏、大沢たかお、坂井真紀などを起用し『海角~』に迫る興収を上げた『KANO1931 海の向こうの甲子園』など、これまで台湾の歴史を背景にした作品を撮ってきたウェイ・ダーション監督。名実共に台湾映画界の人気監督が6年ぶりにメガホンを取った本作は、なんと台湾初、17曲の完全オリジナルのラヴソングで綴られた極上のミュージカル・エンターテイメント!バレンタインの一日を通して、世代も性別も超えた様々な愛のカタチと出会いを描き、すべての人々にエールを送る群像劇に仕上がっている。

タイトルに使われている「52Hz」とは、世界で一番孤独なクジラが発する音の周波数だ。ほかのクジラとは周波数が違うため仲間とコミュニケーションがとれず、たったひとりで大海を彷徨っているという。監督はこのクジラをモチーフに、都会の孤独な人々に「決してひとりではない、I Love You!」というメッセージを贈りたいと、10年前から考えていた花屋の女の子とチョコレート店の男の子のラブストーリーをふくらませた。"孤独は物語の始まり"というロマンチックでハートウォーミングな作品「52Hz I Love You」は、こうして生まれた。

本作はメインキャストに宇宙人(Cosmos People)の小玉(シャオユー)を始め、もと棉花糖の小球(シャオチョウ)、『KANO~』で主題歌を歌ったトーテムのスミン、小男孩樂團の米非(ミッフィー)など台湾の若手実力派ミュージシャンたちを起用。さらに『セデック・バレ』で素晴らしい歌声を響かせた林慶台(リン・チンタイ)、ベテラン歌手の趙詠華(シンディ・チャオ)が脇を固め、李千娜(リー・チエンナ)、張榕容(チャン・ロンロン)や、『海角~』の范逸臣(ファン・イーチェン)、馬念先(マー・ニエンシェン)、應蔚民(イン・ウェイミン)、民雄(ミンション)、田中千絵らも特別出演する。

そして映画の中心である全17曲の素晴らしいオリジナル楽曲。作曲を担当したのは李正帆(リー・チェンファン)、李王若涵(ジェニファー・ジョン・リー)、作詞は嚴云農(イエン・ユンノン)、台湾ポップスを代表する黄金のチームを中心に、中には出演者のスミン、ファン・イーチェン、マー・ニエンシェンが提供した曲も含まれる。 毎回、他の人が考えつかないようなアイデアで私たちを驚かせる監督のPR戦略だが、今回は台湾公開前に先行して海外巡映を実行。2016年10月末からニューヨーク、ボストン、シアトル、シカゴ、ロスアンゼルス、トロントほか50都市を回った。映画業界で一般上映前の海外映画祭への参加・上映はほぼ常識と化しているが、そこをあえて海外各地での先行上映会にするという大胆かつ大規模なプロモーションが行われた。

「『KANO~』で北米を回って上映した際、海外在住の台湾の皆さんからとても大きな反響をもらった。本作のテーマは"愛と、孤独ではない"というメッセージなので、故郷を離れている台湾人にまず見てもらい幸福感を届けたかった」と監督は語る。もちろん各地の台湾人たちは大喜びで、監督に同行したメインキャスト4人(シャオユー、シャオチョウ、スミン、ミッフィー)はその反響に感動したと語る。

2017年・旧正月、1月26日に台湾で3本の旧正月映画の公開がスタートした。その中で、本作は一番長く上映され、さらに「K歌場」というスクリーンをカラオケのようにして、みんなで歌うという特別イベント上映が計10回ほど実施された。ローテーションを組んで全ての回にキャスト陣が参加し、音に合わせて歌詞を追うカラオケ仕様の字幕で大合唱、という大変魅力的な上映会だった。最終日はキャスト陣がほぼ全員揃い、監督やスタッフも集結して、最高の盛り上がりを見せた。その日のチケットは、もちろん秒殺だった。

言うまでもなく『海角七号~』『セデック・バレ』『KANO~』は国内外の様々な映画賞を受賞している。だが、本作『52Hzのラヴソング』は映画祭のコンペティションへエントリーはしない旨を、監督は発表している。これについて監督は、映画を見た人が笑顔で心躍らせ幸せな気分で映画館を出て行ってほしいと願って作った作品、なのでコンペティションに出す作品ではない、と固辞した。

『52Hzのラヴソング』はウェイ・ダーシェン監督流のラヴソングであり、私たちへのプレゼントなのだ。

--------------------------------------------------------------------------------

52Hzのクジラとは… タイトルにある「52Hz」とは、世界で一番孤独なクジラが発する音の周波数。ほかのクジラとは周波数が違うため仲間とコミュニケーションがとれず、たったひとりで大海を彷徨っているという。ロマンチックでハートウォーミングな『52Hzのラヴソング』はこの孤独なクジラをモチーフに、都会の孤独な人々に向けた「決してひとりじゃないよ」という監督流のラヴソングなのです。

--------------------------------------------------------------------------------

 

日本公開が決まって、とても嬉しく光栄です。社会全体が暗い雰囲気に包まれた今、甘く幸せな映画を観てほしくてこの映画を撮りました。日本の皆さんにもこの想いが届いて楽しんでいただけますように。 ――― ウェイ・ダーション

 

Story

バレンタインデーの台北。

書き入れ時の花屋には様々な人がやって来る。プロポーズの為の薔薇の花束を注文する男性(ダーハー)、台北市が主催する合同結婚式に向かう女性カップル(メイメイ&チーチー)、みんな愛に輝いて見える。だが店主のシャオシンには、一緒に過ごす彼氏がいない。

想いを寄せるレイレイのため、特別に薔薇のチョコレートを作る孤独なパン職人シャオヤン。だが、それはレイレイからその恋人(ダーハー)へ贈られるものだと知っている。切なさと報われない想いを胸に、チョコレートの配達に追われるシャオヤンだったが、時を同じくして寂しさを胸に花の宅配に追われるシャオシンと接触事故を起こしてしまう。幸い二人に怪我はないものの、シャオシンの車は動かなくなり…。口論の挙句、シャオアンのバイクで両方の配達をする事に。

一方、公務員のレイレイは夢を追い続ける作曲家の恋人ダーハーを応援しながら、十年間生活を支え続けていた。だが、溢れる請求書の数々と、十年経っても変わらぬ同棲生活にウンザリ気味。欲しいものも買えず、諦めの連続。わたしは本当にこんな生き方をしたかったのか…「別れ」の一言が頭を過る。

しかしダーハーは、そんな彼女の変化には気付かず能天気。国際的な音楽賞で受賞したことの発表と共に、遂に「プロポーズ」をしようと高級レストランと自作のラヴソングにバンドまで用意している気合の入りよう。

夕暮れ過ぎ、シャオシンとシャオヤンも最後の配達先へと辿り着いた。偶然に同じ場所、そこはレイレイとダーハーの待つ高級レストランだった。幸せなカップルばかりの店内で、どうも雲行きの怪しい二人の口論が始まっていた…。

 

公演一覧

映画 「52Hzのラヴソング」

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
上映のない県・劇場もございます。予めご確認の上ご購入下さい。 先着一般発売

発売中

手数料が不要もしくは一部割引

2017/11/18(土) 10:00 ~ 2018/3/31(土) 23:59

申込はこちら

もっと見る +

映画 「52Hzのラヴソング」

公演日 会場 販売方法 受付期間 申込/詳細
上映のない県・劇場もございます。予めご確認の上ご購入下さい。 先着一般発売

発売中

手数料が不要もしくは一部割引

2017/11/18(土) 10:00 ~ 2018/3/31(土) 23:59

申込はこちら

もっと見る +